時短で働く40代ママのフリーへの悪あがき

高齢出産後に乳幼児育児。短時間勤務ママがフリーになりたい仕事への想いをつづります

青汁と携帯ゲーム

こんにちは。

最近の通勤時間に携帯ゲームにハマっているなっころねっころです。

早いもので梅雨入りしてどのくらいでしょう?

復職から1年過ぎても断乳できない私ですが、体重はすっかり増量傾向にあります。

 

平日の仕事、週末にこどもの習い事(隔週)やこどもとの遊び。

ママヨガに通っていたのもつかの間、運動習慣が まったくなくなり、太るばかり。

いったい、どうしたら無理なく痩せられるのかと、サプリメントを探してみるも、ほとんどが授乳中は服用をさけてくださいの言葉。

 

仕方なく青汁を飲むことにしたら、こどもたちがなぜか、飲みたがる始末。

フルーツ青汁なので、どうやら飲みやすいらしいです。

1週間で15袋なくなりました。

 

さて、フルーツ青汁買お。

 

ヤクルト 朝のフルーツ青汁 7gx15袋

ヤクルト 朝のフルーツ青汁 7gx15袋

 

 

こども経由の世界

おはようございます。なっころねっころです。

 

週末にこどもの保育園関係のイベントがありました。

ひとつは、保護者会。

もうひとつは、前の保育園の仲間との交流会。

どちらも、下の娘の保育園にかかわる行事です。

 

驚くべきは(いや、そんな驚くほどでもないですが)その仲間との連絡手段が両方ともLINEグループということ。

 

前の保育園は10人、今の保育園は13人。しかも、後者には父親も参加しているメンバーもいます。

 

うちの娘は1年で転園した、ある幼稚園での話。

お母さん同士のLINEグループがあり、そこでの話題に対する返信のありかたでなにやら不穏な感じになったそうです。

 

今のところ、個人的にはトラブルはないものの、グループメンバー16人ともなると、発言や返信をめぐって色々な感情をもつことになるだろうな、と。

 

思っていたらさっそく、こんなことがありました。

 

ある投稿に対して、ひとりが【いいね】のスタンプを。

続いてふたり、さんにんとスタンプを。

気がつけば6人がスタンプ…。

なんか、スタンプ押さなきゃいけないのかな、という雰囲気。

(結局私は押していませんが)

 

スタンプってなんか友達同士ならよいんですけど、まだ知り合いになって間もないこどもの親同士の関係の中では難しいなぁと思いました。

 

いやはや、こどもができると必然的にお付き合いの世界が広がりますね。

 

自転車補助輪外し、成功

おはようございます。なっころねっころです。

 

あなたは自転車、乗ってますか?いつ補助輪を外して乗れましたか?

 

わが家の長女は年長です。

およそ2年半前の3歳の誕生日に祖父母から補助輪つきの自転車をプレゼントしてもらいました。

とはいえ普段あまり乗ることもなく、気づいたら3歳年下の妹に乗られることもありました。  

 

今年になってから、近隣の子供用の貸し自転車のある公園で補助輪なしの自転車で練習すること数回。

なかなか、バランスがとれず、園内を一周したらもう終わり、という練習でした。

 

2ヶ月くらい前に、同じ保育園の友達と公園で出会うと、彼女は補助輪なしの自転車をすいすいとこいでいたのです。

それに刺激をうけて、再び自転車練習の公園へ。

でも、まだ出来そうにありませんでした。

 

何がきっかけかわかりませんが、今週の日曜に父親に補助輪を外してと頼む娘。

自転車やさんで、補助輪外してスタンドをつけてもらいさっそく自宅前の練習スタート。

 

早起きした朝は父親と。

保育園から帰宅してからは母親と。

1日10分程度でしたが、だんだんとバランスがとれる距離が増え、4日目にしてスタートも支えなしでこげるように!

 

なんという上達のはやさに、親ながらびっくりです。

何がきっかけかよくわかりませんが、毎日練習を続けることで、のりこなせるようになったのだと思います。

 

よし、私も毎日コツコツ続けよう。

って、今日は思ってるんですけどね。

モーニングノートが書けません

おはようございます。なっころねっころです。

モーニングノートって知っていますか?

朝にただ頭に浮かんだことを書き留めるノートです。

このノートに色々なことを書き出しておくと、いつの間にか頭と心の整理がつくみたいな、夢が叶うことに近づくみたいなことがあると、どこかで読みました(出典は調べてないですが、誰だかのブログで知りました)

 

でね、仕事復帰した1年前にそのノートを朝の通勤時間に書いたりしていたんですよ。

ところが、そのノートが、ほとんど買い物メモみたいになっていき、ここ数ヶ月何も書いていない。

 

一番の直近で書いたのが、去年の11月。

ちなみに、中身はこんな感じ。

【昨日はNが保育参加と面談だった。私は健康診断。

終わったあとに、みそラーメンを食べた。

横浜経由で帰った。

なっことNは出掛けなかったらしく、昼寝していたとか。

ねっこのお迎えもN。今日も焼きいもを買いにいったらしい。

さて、今日の夕飯はどうする?

パスタ、ドリア?パスタなら、具にナスとか何か買わないと。

 

土曜日

なっこの水いぼとりにいき、そのあと笹塚へ。

ニトリでクリスマスツリーを買い、サイゼリアでランチした。

夕方は児童館とスーパー。

日曜は、公園で遊び、オリジン弁当

3時から私となっこは阿佐ヶ谷でリース作り。

そのあと児童館にて、Nとねっこと合流。実家に寄って帰る。】

 

 

いやはや、なんてつまらない日記とも行動記録ともつかない文。

モーニングノートとは、もっと心の整理がつくものなはずなのに。

 

すっかり、モーニングノートも日記も書かない日々が続いているので、そろそろこのブログでモーニングノートっぽいこと始めようと思います。

 

来年、会社を辞めても大丈夫といえる仕事が欲しい。

在宅勤務したいです

こんにちは。

毎日がプレミアムフライデー的退社のなっころねっころです。

 

いきなりですが、プレミアムフライデー、定着しそうにないですね。

うちの会社にはその関連の通達は特にありませんでした。

 

私自身は、短時間で退社するので、もともとあまり関係ないのですが、夫の会社でも特に何もないようで、プレミアム感を感じることなく日々を過ごしてます。

 

ところで、働き方革命って推奨されてますか?

なんやら、世の中的には推奨されているような兆しを感じていたのですが、私自身は短時間勤務というだけで、ほんとただそれだけです。

 

できたら、在宅勤務できる仕事をしてみたいな~と思っているのですが、わが社、わが身にはそのような仕事環境にはなれないようです。

 

やってみたい仕事としては、サイバーアシスタント?だったか、在宅勤務の秘書的な感じのお仕事に興味があります。

 

ただ、今の仕事をやめてその道にいけるか?というとかなりの険しい道のりの予感。

もし、今手元に仕事がなければ、とにかくなんでもやってみよう!とチャレンジするのでしょうが、今のぬるま湯的な勤務時間と待遇に溺れていては、新しいことにチャレンジする気持ちにならないのが現実です。

 

つい、去年の今頃は、年内に会社を辞めて新たにフリーランスでやっていきたいと思っていたはずなのに…。

 

蓋をあけると、フリーランスで出来る仕事はまだまだ限られており、生半可な気持ちでは副業にも鳴りません。

 

あ、でもね、一応ものすご~く単価は低いけど【ネーミングライター】の活動はしてます。

まだ本採用されたことない、はがき職人見習いレベルなんですけどね。

応募して、採用作品がなかったときに、分配金が入ることがあるんです。

だから、ほんとにわずかだけど、応募していれば稼ぐことは、できます。

 

本採用目指して、もっと頑張らないといけませんね。

 

てな感じで、在宅勤務でもっと色々なことが出来るようになりたいなぁと思う日々を送ってます。

9連休と旅行の荷物

おはようございます。なっころねっころです。

気がつけば1ヶ月もあいだがあいてしまいました。

 

5月の連休も終わりましたね。

私は5月1日と2日に有給休暇をとり、9連休をしました。

その間に、やったことは

夫の実家方面へ飛行機で帰省。

お墓参りやら親戚回り。

動物園遊び。

海開き前の肌寒い時期に、海水浴場で貝殻をひろうなど。

温泉ホテルに宿泊。

食べきれない親の料理。

こどものご飯は、5歳の分だけ。

2歳児のご飯は、5歳児の分けたり、親の食べられるものをわける。

無意味にモノレールに乗って帰る。

 

帰省以外は、近隣の公園で買ってきたお弁当を食べることが多かった。

 

よくよく考えてみれば、お正月やお盆休みよりも長い休みでした。

 

こどもがいると、こども中心の外出生活になりますよね。

 

たった二泊でも、おむつやら着替えがとても多くて持ちきれないので、ホテルに直送しました。

 帰りは、空港から自宅への航空宅配便が安くて便利ですよ。

搭乗する飛行機のカウンターで送り状をもらえます。

配送は翌日になりますが、料金は税込1000円です。 

 

荷物が多く、こどもも抱っこしなければならない方にはオススメします。

保育園に入れました

おひさしぶりです。なっころねっころです。

 

3月半ばに突如携帯に連絡があり、下の娘(2歳児)が認可保育園に入園が決まりました。

ありがたいことです。

 

なぜなら、下の娘が通っていた保育室は2歳児までしか、通えず来年また保育園転園活動が必要だったからです。

3歳からの転園先として多いのはこども園

こども園は、お弁当を持たせる必要があります。

また、もともとが幼稚園だったりするため、短時間で帰宅するこどもも一緒です。

早帰りの子とあまり遊べないとか、保護者会では、働く母VS専業母みたいな関係になるのでは?みたいな危惧もあり、できたら保育園に入りたいと願う私でした。

 

なんとか幸いにも年長まで通える保育園に入れてありがたいことです。

 

しかしながら、慣らし保育があり、4月のはじめは休みをとったりしなくてはなりません。

 

まあ、今の私の仕事としては、年度始めだからといって繁忙期というわけでもなく、休みを取らせていただきました。

 

初日は、お昼にお迎え。

2日目は、3時にお迎えだけど、夫に休みをとってもらい任せて。

3日目は4時15分にお迎え。

急いで退社すれば休まずいけます。

蓋をあけると、一日しか休まなくても大丈夫でした。

 

娘も、最初の日はお迎え時に泣いていたけど、2日目以降はお迎え時には泣かずにいました。

2日目のお別れの前には号泣していたけど、4日目あたりには泣かずにいられて、1週間で慣らし保育は完了しました。

 

上の子が一歳半で保育室に入園した時にはなかなかお昼寝できず、1ヶ月以上はかかりましたが、下の娘は2日目からお昼寝もできるという優秀な親孝行ぶり。

 

上の子の時は3歳からの保育園に転園できず(育児休暇と傘なり)幼稚園に通うという選択肢を選ばなくてはならず、本当に大変でした。

 

幼稚園は、開始も9時と遅く、1週間は11時~11時半にお迎えにいかなくてはならなかったし、本当につらかった。

 

今でも幼稚園ママって偉いなあと思います。