読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時短で働く40代ママのフリーへの悪あがき

高齢出産後に乳幼児育児。短時間勤務ママがフリーになりたい仕事への想いをつづります

誰のためエール

こんにちは。時短勤務のなっころねっころです。

 

このブログは誰のために、何のために書いているのかを考えていなかったのだけど、改めて考えてみました。

 

まだこどもがいない働く女性と子育て中のみなさんへ

 

現在の私は、別々の保育園児童を二人もち、短時間勤務で働いています。

五年ほど前までは、こどもをもたない普通の働く女性でした。

同僚の先輩らが産休や育児のための短時間勤務をとっていたこともあり、その時は他人事で、短時間勤務の人とのコミュニケーション不足を感じていました。

短時間勤務が羨ましいこともありましたね。

こどもがいながらにして働く女性の気持ちを理解していなかったです。

今は、こどもがいながら働く女性の気持ちをちょっと心の片隅に知っておいてもらえたら、ちょっと嬉しいなと思えます。

 

こどもがいると、時間的に色々と制限がでてくる。

やらなければならないことが、単身の時より増えます。

 

自分の母親世代は専業主婦が主流だった中で、ロールモデルを見いだせないまま、葛藤の中で働くことの意味を考えています。

 

短時間で、社員と同等の責任が負えるのか?

 

正直なところ、今の私に責任のある仕事は出来そうにありません。

今はそうゆう時期なのだと思います。

 

 

でも、私のように、こどもがいたとしても、責任をもって仕事をしている人はたくさんいます。

私は、兼業主婦としては、主婦業も中途半端ですし、仕事もぼちぼちです。

 

すべてに全力投球はしていないし、出来ていないと思ってます。

けどね、そんなに肩の力をいれなくても、生きていけます。

働くことが嫌いではないけど、働きすぎで仕事と家庭のバランスを崩しては台無しだな、と思っています。

 

でも、今、次の目標が定まらずモヤモヤしています。

会社勤めで、短時間勤務でいられるのは今だけ。

数年後の自分の姿を考えると、会社勤めには限界を感じています。

 

自分に出来ることは何か?

地元の地域振興につながり、子育て女性やシニアとの交流を深めたりすることがしたいです。

単純に地域情報を集めるだけではなく、地域の人のお困りごと解決にもつながることができたらと。

そして、できたらリモートワーク、在宅ワークを中心にしたフリーランスの形態で働きたいと考えてます。

 

おそらく、私みたいな予備軍はたくさんいます。

だからこそ、私は、夢を語ります。

 

大丈夫。

まだ見えない未来の自分に向けてエールを送ります。