時短で働く40代ママのフリーへの悪あがき

高齢出産後に乳幼児育児。短時間勤務ママがフリーになりたい仕事への想いをつづります

保活シーズン突入

10月に入りました、いわば保活シーズンになりましたね。

こんにちは、時短勤務のなっころねっころです。

 

我が家はこどもがふたり。別々の保育室に通っています。正確には二人とも認可ではない待機児童対策に作られた小規模保育室。

下の子は、2歳児の来年までは通えますが、その先は卒園、また次を探さないといけない状況。3歳以降の行き先は未定です。

つまり、再び保活が必要なのです。

 

今の保育室からは、出来るだけ早いうちに、転園先を見つけてくださいね、とのことば。

来年も通える場所ではありますが、来年4月入園の転園申込みもしておかないと…なんです。

働きながらの保活は、正直にいって面倒です。

申込み書類を入手し、書類を記入、勤務状況などは夫婦ともに会社に書類をお願いしなくてはなりません。

一番悩みは、どこの園を第一希望にするか。

そして、申込み書類を提出するための予約。

土曜に受付してくれるところは、役所のみ。

とっても混むので、別の場所で予約受付してくれます。

予約できるのはありがたいですが、なんやかんや仕事は休みを取らないといけないですよね。

ということで、まだまだ有給を使わせてもらう日々が続きそうです。

 

追伸、2歳になっても、まだ卒乳していません。