時短で働く40代ママのフリーへの悪あがき

高齢出産後に乳幼児育児。短時間勤務ママがフリーになりたい仕事への想いをつづります

会社を辞めるのはあと一年待ちなさい!「続職のススメ」を読んで

先日、「普通の会社員がフリーランスで稼ぐ」を読んだななっころねっころです。

普通の会社員がフリーランスで稼ぐ

普通の会社員がフリーランスで稼ぐ

そんな私が次に読んだ本がこちら

会社を辞めるのは、「あと1年待ちなさい」!続職のススメ

会社を辞めるのは、「あと1年待ちなさい」!続職のススメ

会社を辞めるのはあと一年待ちなさい、続職のススメです。
え?辞めるんじゃなかったの?
はい、まだ辞められそうにないんです。

何故なら、先日のタロット占いで
「2年待つ」というカードが出たから。

もちろん、それだけではないのですが、
前述の本を読んだところで、
やっぱり今すぐにフリーランスになっても、稼げる手段がないことを自覚しました。

通常の会社勤務でやっている仕事は、
やはり会社ありきなわけです。
会社が請け負っているから、私にとりあえず仕事が来るということ。
個人で何ができるかっていうと、うーん・・・なんなんでしょうね。
クラウドワークスで登録してやってみたりもしますが、
実績のない状態の今の私は、本当に単価が低いわけですね。

なので、フリーランスで稼ぐには、スキルアップというか、実績を積む必要があるでしょう。
まずは、自分自身の市場価値を知っておくべき・・とのこと。

そうなった時に、私には自信をもって稼げる分野がないんですねー、今のところ。

あ、基本的にしゃべる仕事なので、文字にすると不可解なことが多かったりして。
あ、時間外のトーキー(いわゆる応答メッセージ)の仕事はちょこっとやってます。
もし、自分の会社(個人事業とか中小企業とかで)
時間外録音メッセージとか、やってほしいという方はどうぞ、私に仕事をご依頼くださいませ。



おっと、話がずれました。

超短時間でも企業で勤務できているというのはとてもラッキーなことです。
ましては、半日勤務で、パートさんより給料がいいのですからね。
色々な手当てがもらえるのは本当にありがたい。

育児休暇中でも、最初は67%もらえていたので、今の給与より高かったし。
これは、雇用保険のおかげであり、社会保障がもっと充実していたらいいなぁと思います。

この経験を活かして、自分の経験談増やしていきたいと思ってます。
例えば、35歳以上での初婚だったり
38歳での初産だったり
40歳以上での出産だったり
育児休暇を1年半を2回取得したことだったり
保育園には入れず、保育ママさんに預けての復職だったり
通勤時間を考えると一日4時間しか勤務できない状態だったり
元同僚に嫌味的なことを言われて落ち込んだ経験だったり
新入社員として指導してきた後輩に仕事を教わるような状態になっていたり
気が付けばできることよりできないことが増えていたり
なんて、いう経験談、それが実績になるのかなと思えてきました。

え?ほんとに??(半分嘘ですが)



このブログは、あまり文章校正とかできず、通勤の車内で思いつくままに書くことが多いんですが
今朝は、珍しくPCに向かって書いてみました。
でも、早朝起きたら、子どもが起きてきて、また途中で手直ししたり。
いやー、それでもまだまだ、内容がおかしいなぁ。。。


あ、それで、続職を読んでの感想です。(すっかり本題からズレまくる)

これは1年後に辞めるか辞めないかの決断をするための本です。
つまり、辞めたいけど、やめられないけど~と思い悩んでいる人が
まずは、期限を決めて、この日までに辞めるのか、辞めないのかを決めよう。
それまでに、いろいろと準備しておこうというもの。

読んでみると納得することが多いです。
仕事の進め方というより、自分の生き方や目標設定をしておくことが大事だということです。
私にはわりと役立ったと思います。

でも、まだ実践できてません!