読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時短で働く40代ママのフリーへの悪あがき

高齢出産後に乳幼児育児。短時間勤務ママがフリーになりたい仕事への想いをつづります

仕事運のタロットメール鑑定を受けてみた結果

仕事運専門のタロット鑑定を受けるのは今回で2度目。
一度目は、出張鑑定にきていただいたのですが、
今回は時間がないので、メール鑑定をお願いしました。

でね、その結果、フリーランスとしての起業まではまだ早いという結果が出ました。
今の会社勤めをしながら育児するということを経験値として積むことはありと。

やりがいのある仕事は、今はお休みなんだそうです。
2年後ぐらいを目途に頑張ろうという結果。

やっぱりそうだよねー。私もうすうす気づいていたけど、
起業するには、自分が売り出せるようなキルをきちんと分析していないとね、と改めて思う。

もちろん、仕事の範囲としても、時間にも制限があるのだからそれは仕方ない。
でも、どこかでその制限された状況にヤキモキしている。

この悩みを共有したり、昇華してあげるようなコミュニティ的な場があるといいなーって思う。
働きたい、でもけして残業バリバリ、フルタイムとかではなく。
短時間勤務で、ゆるキャリで。
それでいて、プライベートもそれなりに充実させておきたいのだ。

別に、傷のなめあいとかじゃなくてね。
働くということは、いろんな働き方があると思うのです。

自分らしく、楽しく、働きやすい形態で働ければいいと思うのです。

でもね、子どもを出産した後や介護をしなければならないような立場の人が
それまでしていた仕事を離れた後に、パートタイムやアルバイトのような
とっても単価が低い仕事にしかつけないのは悲しすぎると思っていて。

やっぱり、そんな状況であっても、支えあいながら仕事が回っているのが理想だと思う。
そうゆう働き方を推奨するというのかどうかは別なのだけど。

社員が、自分の仕事以外に、もう一つ社外での名刺を持つように
仕事・プライベート・コミュニティのすべてが充実した社会であること。

いきいきと働ける場があることって大事ですよね。

あれ?なんか論点がずれてきたー。